スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイスクリーム療法

最近我が家はアイスクリームを大量購入しています。
それこそ冷凍庫にいっぱいになるくらい。
CIMG8641.jpg

アイスクリームが好きっていうだけではなく、これはすぐに実践できる簡単な子どもを元気にする方法なのです。
田中茂樹さんと言う方が書いた「子どもを信じること」をいう本に載っています。
子どもを信じること子どもを信じること
(2012/10/13)
田中茂樹

商品詳細を見る

この本はたまたまアマゾンで見つけて読んでみたところ、とてもよい本でした。
簡単にまとめると、親が子どもを信じて小言を言ったりやしつけをしたりしない方が、子どもは生きていく力をつけるというものです。
これだけだとなかなか納得しづらいものがありますが、本をすべて読み通すととても納得がいきます。
アマゾンの評価が高いのもうなづけます。
田中さんは問題のある親子関係として、「近すぎる親」「遠すぎる親」という言葉で説明されています。
私は「近すぎる親」です。反省しました。

田中さんは家庭を子どもにとってリラックスできる場所(心身をいやす場所)にしないといけないと言っています。子どもを元気にする簡単な方法としてアイスクリーム療法をおすすめされています。
その方法は、
1アイスクリームをたくさん買ってくる。
2子どもにアイスクリームはいつでも好きなだけ食べていいよと言う。
これだけです。
子どもはアイスクリームが大好き。たくさんのアイスを見て楽しみ、食べて元気になります。

実際に我が家でやってみたところ、効果てきめん!!
ハル君大興奮です。
がさがさ時間をかけて選び、好きなアイスをニコニコ笑顔で選んでくれました。
毎日のように嬉々として食べています。

実際にやってみると子どもが喜ぶだけでなく、いかに自分がハル君に対して命令や行動を促す言葉(小言)をたくさん言っているかを理解することができたという利点もありました。
・アイスが解けるから冷凍庫早く閉めて
・早く食べないとアイスがとけるよ
・(次のアイスに手を出そうとするので)まだ残ってるよ
・食べ過ぎじゃない?
・こぼれたよ
・後片付けして などなど
「子どもを信じること」には、アイスクリームを食べているときは小言を言わない、片づけも親がやることと書いてあるので言わないようにと思っていたのですが、いざやってみると口からいろんな小言が出てきそうになりました。(いくつかは実際に出ました)
アイスクリーム療法をするメリットとして、親がいかに自分の発言に子どもに対する小言が多いかを認識し、自分の発言に注意するようになるということがあるそうです。

アイスクリームはカロリーが高くて太りそうだし、虫歯になりそうで食べさせたくないという方も多いと思います。私もそうでした。
でも、やっぱり子どもはアイスクリームが大好き!
というか私もアイスクリームが大好き!幸せな時間を過ごすことができます。

本には、子どもが太ることはほぼないと書いてありますが(親が太るパターンはあり)、今のところハル君の体重も増えていません。(むしろ減少中)
虫歯もなしです。

スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

非公開コメント

プロフィール

わるまる

Author:わるまる
夫と息子2人との4人暮らし。
母になるのを機にものぐさな性格から脱却すべく色々なものを育てることに挑戦しようと思いましたが、母になったぐらいじゃものぐさな性格からは脱却できませんでした。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

とやま~んの世界うろちょろ落書き帳
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。