スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すーちゃん三歳児健診受けてきました

5月にすーちゃんが三歳になったので、区の三歳児健診に行ってきました。
はるくんのときにあまりよい印象がなかったので、三歳児健診にすーちゃんを連れて行こうか迷ったのですが…
すーちゃんの言葉が遅いので、やっぱり見てもらおうと思って連れて行きました。
すーちゃんは3歳を目前にしたころからたくさん話すようになってきましたが、「さしすせそ」が「しゃしぃしゅしぇしょ」になっているなど、発音がはっきりしない単語も多いのです。
ただ、こちらの言っていることは理解しているな、ということは以前から感じていましたし、保育園の先生からも「問題ないと思いますよ」と言われていましたので、念のための確認ということで行ってきました。
ちなみに親バカですが、すーちゃんは保育園の先生からも「自分の頭で考えている」「賢い」と言われておりますので、知能の心配はしていません。

三歳児健診は三年前のはるくんのときに比べ、待ち時間が少なく、スムーズに進みました。
また、すーちゃん自身もはるくんに比べ、お医者さんや保健師さんに対する警戒心が少なく、落ち着いていました。
ただ、言葉はあまり発しなかったので、私が「言葉が遅い」という話をすると「区の健診は今回の健診の次は就学前健診までないので、お母さんが気になるなら相談されてはどうですか?」と別室の相談コーナーを案内され、素直に行くことにしました。

ちなみに医師の問診では、「特に問題ないんじゃない?」と言われました。三歳ぐらいまで頭に言葉をためて、ばっと出る子もいるんだよね~~とお医者さんは言っていました。事前にやってくるように言われた視力検査、聴力検査がちゃんとできている、保育園で何も言われていないということも大きいようです。

別室の相談コーナーにはおそらく子どもの発達に関する専門家と思われる、年配の女性が二人いて、それぞれが別の母親と話をする、という体裁でした。
部屋には赤青黄緑の大きな積み木が置いてあって、先に入室していた子どもが遊んでいました。
すーちゃんは少し遊びたそうでしたが、私にくっついていて、結局遊びませんでした。
名前や年を聞かれましたが、すーちゃんはもじもじしていました。
顔は笑っていましたが、普段しない指しゃぶりをしていて不安なのかな~と私は思いました。

しばらくその女性と私が話しをし、時折女性がすーちゃんに話しかけましたが、「言葉が三歳に近づいてから出てくる」「積み木で遊ばない」といった点で、成長に心配がある子どもたちが通う療育センターを案内されそうになったのですが…
女性が資料を探しに席を立ったのをきっかけに、すーちゃんが遊び始めました。
遊び始めたらリラックスできたのか、「おかあさん、いっしょにやろうよ」とか「もういっかい」など話始め、女性がした「この積み木何色?」などの質問にもちゃんと答えてくれました。
女性はしばらくすーちゃんの様子を見て、「しっかり目的をもって積み木で遊べてるし、集中もできている、お母さんに自分の気持ちも伝えられているし、他人ともコミュニケーションできているので、心配はないのではないでしょうか」ということになりました!
幼児語が残っているなどの気になる点もあるけど、四歳になっても改善しないようだったら相談してね~ということで三歳児健診は終了しました。

よかった、よかった。
そんな感じで無事終了し、ほっとしました~。
すくすく成長してくれよ、すーちゃん!

スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

わるまる

Author:わるまる
夫と息子2人との4人暮らし。
母になるのを機にものぐさな性格から脱却すべく色々なものを育てることに挑戦しようと思いましたが、母になったぐらいじゃものぐさな性格からは脱却できませんでした。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロとも一覧

とやま~んの世界うろちょろ落書き帳
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。